現在、(有)岡田鈑金工業では新規でお取引を開始していただけるお客様の場合CADデータの作成費(通常3000円/時間)を0円(ゾーン1および2の場合)から2000円(ゾーン3)に減額するキャンペーンをはじめました。

※CADデータの作成のみは実施しておりません。板金製品の製作が伴うことが前提となります。


ゾーン1  リピート性の高い製作品
(例)  月1個でも、毎月注文がある場合
データ作成費・・・無料

※ ご発注の際は、リピート率の高い品物である事をお伝えください。社内で検討の上で無料か有料かの判断をさせていただきます。

ゾーン2  以前に製作実績がある場合、その製作品に軽微な変更点があるだけの場合
(例)  前に製作したデータに対し穴の追加、形状の軽微な変更があるだけのもの
データ作成費・・・無料

ゾーン3  一度限りの製作品の場合
データ作成費・・・2000円/h

例えば、データ作成に30分掛かる場合は1000円です。同じものを2個作る時は1個につき500円となります。同じものを10個作る時は1個につき100円となります。

※ ゾーン3 の商品がリピートする場合

事務処理の関係上、前回と同金額での受注とさせていただきますのでご了承下さい。


次のようなVA・VE提案もいたします。
●仕入れ値の高額な板金製品がある場合・・・どうしてこんなに高いのか? 手作業やひずみとり(修正)に時間がかかり高くなる場合は設計図の見直しを提案して最安値に挑戦します。
●ある機種の一式の部品代をトータルで下げたい場合・・・セットで受注している場合、不得意品は外注依存となる傾向があり、ネックとなります。その場合は不得意品を単品購入するなどの対策が有効です。ご相談下さい。
●安全策の取り過ぎで高額になる場合・・・以前にナットなどが外れたような事案が原因となりスポット溶接禁止令が発令されトータルコストを押し上げている原因となっている可能性がありますので製品サンプルを見せていただきながら提案させて頂きます。

 

板金コスト相談窓口

コストに関する相談等はお気軽にこちらよりお願いします。
※ 図面がある場合メールに添付下さい。